◇ 大日野カルコの 「じみ女子2」 〜Vol.116〜  ◇
 
〜「じみ女子絵日記。」 つもり熱。〜
大日野カルコの「じみ女子絵日記。」 つもり熱。〜
 

今している食べ歩きマンガで、一番初日に担当Aさんに、大きな要点を言われてたんです。
同じ要点を、食ライターの三好さんが一覧表にしてくれて一番最初に頂いてたんです。
同じ要点を歩きながらや打ち合わせの時にも聞いていたつもりだったんです。
なんなら分かってます風なこと、ちゃっかり返してたんです。

でもやっちまった!

その要点からブレブレなこと書いてて、担当Bさんからその要点とは違う角度の一言を言われたときに。

あ。ほんまや

やっとこさ、その要点が理解できた。
ああ、このストンと内臓に落ちる感じ。
今までずっと点で聞いていたんやろなぁ〜と分かるくらい、すべてがつながって線になった感じ!

大日野カルコの「じみ女子絵日記。」 つもり熱。〜

この、点で聞いたり話したりしてるときの「つもり」がなんともコワイですよね。
「つもり」ってなんか熱持ってるらしく、聞いてる時は確かに理解してるけど、
その分見えなくなってしまう。

要点の方向。

だから”重要なのは分かったけど特に沿わさなくていいのかも”とどっかでナメてとらえてしまっていたのかも。


大日野カルコの「じみ女子絵日記。」 つもり熱。〜

つもり熱って、周りが大人なほどわざわざ言われないので浮かされやすい。
自分がのたうち回るくらい恥かいて、自分で気付くしかなくなる。

ああ、せめて最初に方向を確認してフラフラしたいもんです。

吸収したものがいつか線になるでよ。




2014年11月11日
 
-PROFILE-

大日野カルコ(ohino karuko)    

漫画家・イラストレーター。
兵庫県生まれ、在住。

© 2006〜 USED CLOTHING SHOP MUDDY FACTORY (古着屋どろんこファクトリィ) 古着屋どろんこファクトリィ メール Tel:078-954-5650